江ノ島の海と砂浜を守る。育てる。「えのしま渚連絡会」|えのしま渚連絡会とは

えのしま渚連絡会とは

えのしま渚連絡会のロゴ

「江ノ島の砂浜と海を、守りたい」
そんな想いから、えのしま渚連絡会は誕生しました。
現在の江ノ島は、治安の悪化が問題化してます。
それは、年間400万人もの人々が、訪れる魅力ある江ノ島だからこその問題です。
沢山の人々が訪れる日本を代表する素晴らしい砂浜と海を持っている一方、 それを支える体制がきちんとととのっておらず、数少ないボランティアや行政に頼っている為、さまざまな問題を対処できずにいます。
また、2020年の東京五輪のヨット・ウインドサーフィンのセーリング競技の会場に決定し、 これから盛り上がっていく一方、オリンピックによる利用者の増加により、さらなる問題の深刻化が予想されているのです。
えのしま渚連絡会では、【美しい江ノ島の浜と海】を未来に残すためのさまざまなキャンペーンを展開しています。
「エコリンピック」「E11活動」「ビーチクリーン」「環境セミナー」「マリンスポーツのレース」など、海、砂浜、マリンスポーツを知り、守り、育てるためのイベントの開催を行い、海と浜を自分たちの手で美しくすることが可能であるというメッセージを発信しつづけています。
そのためには、地元の皆様の協力が必要になってきます。
今後も江ノ島の抱える様々な問題と真摯に向き合い、私たちは活動を続けていきます。

 活動内容について

上へ戻る ホーム えのしま渚連絡会とは